スポンサーサイト

  • 2014.03.20 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    フラワーCは除外

    • 2014.03.20 Thursday
    • 22:20
    こんばんは、RDQです!今日は雨の中、屋外作業がありました。メッチャ濡れてしまい寒かったんですけど、帰りがけに食べた塩ラーメンがすっごく染みました。

    フラワーカップに登録していたエクセレントビュー。しかし、残念ながら抽選に漏れて除外となってしまいました(´Д`) 新馬勝ちした瞬間から、3ヶ月後にフラワーCで好走する場面を思い描いていたので、地味にショック大きいです(笑)
    ただ、逆にフェアリーSの時は抽選に通っての出走でしたし、仕方ないですねー!次は1週スライドして3/29 中山 ミモザ賞(芝2000)に向かうようですので、ここは割り切って来週に期待を♪
    フラワーCに出られなかった分は、来年の中山牝馬Sあたりでリベンジしてもらうことにしときます(・∀・)


    その他の愛馬の近況は下記の通りです


    ・ローレルグランツは放牧へ

    →前走でタイムオーバーとなった為、レース後に信楽牧場へ放牧に出されました。厩舎サイドは今後は短距離戦に絞る様子。牧場でビシバシ鍛えていただきたいところ。


    ・スティンライクビーはミッドウェイFへ

    →スティンライクビー(モーディッシュ12)は馬運車の手配が済み次第、ブルーステーブルからミッドウェイファームへ移動の予定。いよいよ本格的な調教メニューへの移行となり、デビューへ向けてスピード能力に磨きをかけていきたい。


    ・レイオーロは順調にメニューを消化

    →これといった頓挫もなく、ダート3000mを18秒ペースのキャンター調教を消化している。クラブからはまだ今後のスケジュールについてリリースはないが、最近は気性面に成長が見られている様子。徐々に走りに集中できるようになってきていることは好材料だ。


    シルクの2012年産馬3頭については、来月上旬に配信予定のクラブリリースを待っています。NF組は例年以上に早めの仕上げになっているようですし、次回の配信が今から楽しみです。スターウインドも乗り込みが再開されているはず。

    ちなみにジェイポップについては、クラブから満口間近のアナウンスがありましたね。最新の調教動画を見る限り、まだまだ課題のたくさんありそうな走りに感じましたが、今後成長し推進力が全面に出てくるようになってくれば楽しみな存在です。
    2012年産の出資馬については、すべての馬が年内にデビューできるんじゃないかとは思っていますが、くれぐれも故障などないよう牧場の皆さま何卒よろしくお願いします♪

    大敗の後、嬉しいニュースが

    • 2014.03.16 Sunday
    • 00:38
    こんばんは、RDQです。陽が射すと多少ポカポカして、徐々に春がやってきてるのを感じます♪

    昨日は愛馬ローレルグランツが未勝利戦に出走しました!大敗を喫した前走と同様、中京ダ1800のレースだったわけですが…戦前の不安どおり、またしても大敗でした。しかもタイムオーバーのおまけつき(笑)

    スタート後の行きっぷりは相変わらず良く、道中は逃げ馬を見る形で2番手を追走。前回の記事にも書いた、考えうる理想的なポジションだったのですが、直線手前で早くも一杯となってしまいました(´Д`)

    いやぁ、ちょっと厳しいですね…。今回は攻め馬から多少の進歩は伺えていたので前進を期待していたのですが、前走より更にダメになるという。良馬場の前走と違い脚抜きのいい馬場なのに約3秒も走破タイムが遅く、タイムオーバーも当然です(´・ω・`)

    どーすればいいんでしょうね、松永昌先生?(苦笑) 未勝利終了までに出走可能なレースはあと3戦くらいなのかな…?でも、こうなった以上は割り切って、ビシバシ乗り込んでいって鍛えまくる他ないでしょう!元来グランツは丈夫な馬だから耐えてくれるはず。

    可能性としては短距離に絞らざるをえないかな?平坦のダート1000とかなら夏の小倉や北海道シリーズに出てきますし、まだ走ってない芝コースにも弱冠の可能性は見込めます。

    あくまで素人目なのですが、グランツは気性面の問題で常に無駄な力を使いながら走っている為、早々にに筋肉疲労を起こしてしまいバテてしまうように感じます。単純な能力不足という訳ではない気がするので、気性面が改善されれば…とは思いますが。

    話は変わりますが、昨日の未勝利戦でローレルストームが勝ち上がりました!先週のローレルラシームに続き、2週連続の勝ち上がり。また、クラブにとってボルケーノ・ラシーム・ストームと3週連続の勝ち星となります♪
    ローレルクラブ、波に乗ってきましたねー!出資者のみなさん、関係者の方々、本当におめでとうございました!!

    ちなみにストームもラシーム・グランツと同様に入会時のプレゼント対象馬でした!3頭2頭が勝ち上がる馬だったのに、残り1頭のタイムオーバー馬を選んだ自分…ドンマイとしか言えませんね(笑)

    でもいいんです!グランツも精一杯走っていますし、馬やクラブは何も悪くありません。僕はこれからもグランツを応援し続けていきますよーあきらめたらそこで試合終了ですもんね、安西先生(・∀・)ノ
    こうした様々な経験を今後の一口馬主ライフの糧にして、良い選馬ができるように相馬眼を養い勉強していこうと思います。

    最後に…昨日ミッキーボクサーという馬も未勝利を勝ち上がりました。このミッキーボクサー、トウカイワイルド産駒のワールドファーム生産馬で母はモーディッシュ。ということは…

    今年デビュー予定の出資馬スティンライクビー(モーディッシュ12)のお兄ちゃんです!しかもトウカイワイルド産駒の中央初勝利ということで、ワールドファームのみなさんおめでとうございました!!

    ちなみにミッキーボクサーからの流しで馬券もいただきましたよ。人気薄だったので配当が…(・∀・)ノ

    弟のスティンライクビーも兄に続けるようがんばってほしいですね。まずは無事にデビューを迎えることが大切!ミッドウェイの急坂を駆け上がってどんどんパワーアップしていってもらいたいです。

    予定変更!

    • 2014.03.14 Friday
    • 19:28
    こんばんは、RDQです。やっと今週の仕事も終わりました!社会人なので仕事をがんばるのは当たり前のことですが、悪い意味で仕事中心の生活になってきているここ数年…ただこのままルーティンで歳をとっていくのは嫌だなーと思う今日この頃。変化や刺激がほしい!自分の内外にいろんなしがらみがあってなかなか難しかったりしますけど(笑)

    昨日配信されたローレルからのリリースで、愛馬ローレルグランツが明日15日の中京 未勝利戦(ダ1800)に出走することが判明しました!当初予定では来週21日の芝に…とのことでしたが、1週繰り上げての出走となるようです。

    今週の追い切り調教では僅かながら進歩の跡がみられたので、続けて来週もう1度追い切った上でレースに行ってもらいたかったなーというのが個人的な感想。
    今回は芝も試してほしかったですし、中京ダ1800はタイムオーバーギリギリだった前走と全く同じ舞台設定なので不安がいっぱいでございます(笑)

    ただ、いまのグランツは使えるだけ使って経験を積ませたいという意図も理解できます。また、今回5着以内に入って次走の優先出走権を取れる可能性は正直薄いと思いますから、次のレース出走の為には1週間でも多く節を空ける必要があります。その為、ここで1週予定を繰り上げたことが後々アドバンテージとして活きるかもしれませんね。

    もっとも今回は好走実績をもった馬はほとんどいないメンバー構成。勝ち負けは別としても掲示板争いはかなりの混戦が予想されます。ローレルグランツにも掲示板のチャンスがなくはないだけに、今回も人気薄でしょうがアッと驚く好走をしてもらいたいところ。

    僕の明日のレースの注目点は以下の3点です。

    「スタート」
    グランツは前に行けるある程度のスピードはあるので、スタートを決めて流れに乗りたいところ。出だしで無駄な体力を使わずにレース後半までどれだけ貯金を作れるかが鍵になります。

    「集中力」
    以前から気性面に脆さを抱えるグランツ。このところの調教ではだいぶ真面目に走るようになってきているようですが、いかに集中を切らさず走れるかどうか。逃げ馬の直後に付けられれば理想的かもしれません。

    「直線入口のポジション」
    これまでの調教では終いバテバテがお決まりでしたし、前走も道中3番手につけながら3〜4コーナーで徐々に後退、そのまま垂れてのブービーでした。
    今回は最低でも直線入口までは3番手くらいで粘りたいところです。中京ダートはコース形態に反して前有利なので、グランツの闘争本能に火がつくように願っています。

    現状のグランツにとっては厳しいレースが続きますが、ひとつでも上の順位めざしてがんばってほしいですね(・∀・)

    ブライアンズタイムの血

    • 2014.03.10 Monday
    • 23:57
    こんばんは、RDQです。昨日立て続けに記事をアップしましたので、今までならしばらくブログ放置の流れでしたが(笑)、まさかの2日連続投稿です。
    だからどーしたって話なんですが、最近はだいぶ仕事の面で落ち着いてきたのもあり、多少余裕がでてきた証拠ですかねー(・∀・)

    今日は先週未勝利勝ちをおさめたローレルラシームについてです。咋夏の一口クラブ入会後、自分の出資馬だけではなく他のクラブ所属馬についても近況を確認したり応援する機会が増えてきていまして。
    特にローレルクラブの場合は全体の頭数もそれほど多くないため、メールサービスですべての所属馬の情報が一括で配信されるので隈なく近況を確認しやすいのです。さらにホームページにおいても、愛馬情報のところで各馬のバックナンバーを選択すると、育成時から現在までの経過が一度に表示されるのでとても利便性がよかったり。
    なので、勉強も兼ねて所属馬たちのこれまでの競走馬生活を知っていく中で、多少なりとも愛着がわいてきてしまうんですね(笑)

    だいぶ話が逸れましたが、未勝利を勝ったローレルラシームはローレルの2011年世代で最初の勝ち名乗りとなります!社台・NF生産馬たちが隆盛を極める中で、牧場系クラブはかなりの苦戦が続いており、ローレルクラブも例外ではありません。
    そんな中でラシームはデビューからずっと堅実な走りで上位好走を続けてきました。そして今回やっと勝ち上がりの順番がまわってきたわけですが、ダートであれば末脚がしっかりしている馬なので昇級しても活躍が期待できる印象を受けます。

    実はこのローレルラシーム、ローレルクラブの新規入会キャンペーンで自分の愛馬ローレルグランツと一緒に一口プレゼント対象になっていた馬なんですよ!僕はラシームでなくグランツを選んだ訳で、ちょっとばかり複雑な心境ではあります(>_<)
    ローレルラシームは大種牡馬ブライアンズタイム産駒。かつてサニーブライアンやマヤノトップガンといったBT産駒たちの走りを見て競馬に惹かれ、競馬の世界にのめり込んでいった僕がなぜラシームを選べなかった(選ばなかった)のでしょうか(笑)

    理由は2つ。1つ目の理由は、昨年6月頃の育成状況として、グランツは夏の小倉デビューが視野に入っており、グランツの方が早くレースに使えそうだったこと。2011世代で一口馬主をはじめた自分としては、一日も早く愛馬のレースを観たかったんです。(※その後グランツは2頓挫あり、デビューは年末になってしまいました)

    もう1つは、グランツの父フォーティナイナーズサンの未知の魅力に賭けてみたかったこと。ブライアンズタイム産駒の安定感はわかっていましたし、前述のとおりBT産駒への思い入れも人一倍。しかし、ここ数年は芝よりもダートを主戦場にする産駒の割合が圧倒的に多く、活力という点でどうしても全盛期と比べてしまう自分もいて、そこまで惹かれなかったんですね。
    その点、まだ産駒にこれといった活躍馬はいないものの、今をときめくミスプロ系ながらマイナー寄りのフォーティナイナーズサンとBMSアグネスタキオンといった組み合わせのグランツの方に興味がありました。

    上記の理由でラシームを見送ったわけですけど、大敗続きのグランツをよそにラシームは好走を続け、ついに未勝利を勝ち上がりましたΣ(゚д゚)
    ただ、グランツを選んだことに後悔はしていないんです。ラシーム出資者の方たちが羨ましいなーとはメッチャ思いますけどね(笑)

    以前の記事にも書きましたが、自分の初代出資馬であるローレルグランツに対しての思い入れは既にとても大きいのです。現状のラシームとグランツではだいぶ差はありますが、グランツにも今後のレースで意地を見せてほしいと思います♪

    ローレルラシーム出資者の方々・牧場やクラブ関係者の皆さん、本当におめでとうございました!! ボルケーノの勝利から立て続けにラシームの勝利と、ローレルクラブにも追い風が吹いてきた感じですね。他のローレル所属馬たちの奮起にも期待しています!

    スーパータフネス馬として一部で話題となった(笑)このローレルボルケーノについても近く記事を書きたいと思っています。
    山内厩舎はどんどん数を使ってくれ、馬主として非常に有り難い厩舎ですが、それに故障なく応えるボルケーノは本当に素晴らしいなと。

    それでは今日はこのへんで。いつもダラダラ長文書きなぐってばかりの自己満ブログで申し訳ありません(・∀・;)

    シルク 馬名決定

    • 2014.03.09 Sunday
    • 20:14
    続いてはシルクHCにおける2012年産馬の馬名です。自分が出資している馬以外にも注目している馬や触れたい馬名もあるんですが、長くなってしまうので割愛します( ・д・)/

    チェイスザウィンドの12
    【スターウインド】
    Star Wind (英語)
    星+母名の一部

    覚えやすくかわいらしいこの馬名はバリアシオンさん命名です。おそらく母系が良血だからでしょうが、自分的にこの仔にはカッコイイ感じというか洗練された感じというイメージがあり、自分が応募した馬名もそういった系統だったんです。
    しかし、実際ついた馬名はスターウインド。イイ意味で馬に対するイメージが変わりましたね!叔母にあたるベガとも星つながりですし、シンプルでとても素敵な名前だと思います。
    最新のリリースでは、寝違えて痛めた影響で現在はトレッドミル+WMでの運動となっています。しかし、順調に回復していてコースでの騎乗再開は時間の問題でしょう。もともとデビューは遅れそうな血筋ですので、いまの時期は慌てず地道に基礎体力を養っていってもらいたいと思います。

    ストールンハートの12
    【コンフェッシオン】
    Confession (フランス語)
    「告白。母名より連想」

    ストールン○○○とつくと思いきや、ちょっと捻った連想がきました!自分もストールン○○○で応募しましたが、直球すぎましたかね(笑)
    Confession は「罪を自白する」といったようなネガティブな意味が主体ではあるんですが、母は祖母につくStolen も本来は「奪われた」というネガティブ寄りな単語なので、系譜としては納得できるものです。
    なにより響きが好きですし、オシャレですよね。某掲示板ではコンフェッションのがいいというご意見もありましたが、自分はこっちのが好きです。
    近況も相変わらずのムチムチバディーで、だんだんと走りのバランスも良くなっているそう。短距離なら芝ダート問わず堅実に走ってくれそうです。この仔は早期デビューできる可能性もありそう!

    ポップスの12
    【ジェイポップ】
    J Pop (英語)
    「歌謡曲。母名より連想」

    言語として英語なのかどうか微妙なところですが(苦笑)、2012年産馬の中で1・2を争うインパクトある馬名になりました!
    あちこちでダサいとかなんだって言われていますが、覚えやすさは断トツですし、シンプルで嫌いじゃないです。モーモールルギャバン好きな自分としては、すごく愛着ある単語ですし(笑)
    そもそも馬名なんて個人の好き嫌いであって、どんな名前であろうと賛否両論わかれますし、叩く人は絶対います。もっと思い入れをもって名付け親さんが命名した馬名を尊重すべきじゃないかなーと。
    もっとも活躍すればするほど名前に箔が付くと思うので、ジェイポップには大活躍してもらって、より多くの人に愛される馬になってほしいと思います。
    NF早来で順調に乗られており、この仔も早期デビューが視野に入ってきそうな予感。欲を言えばもう少し馬体に成長がほしいところですが、今後もケガなくしっかりと厳しい調教を乗り切っていってもらいたいですね。

    歓喜のエクセレントビュー新馬勝ちの後、愛馬は4連敗中。わかってはいましたが、一口馬主初心者がポンポン勝てるほど、競馬は甘くないです。でも、難しいほど攻略しがいがあるし、自分はキツイ条件ほどやる気になるタイプの変な性格なのでワクワクしてしまいます(・∀・)

    結局2012年産は全5頭(計10口)に出資しました。2013年産はローレルとシルク1頭ずつの計2頭(計4口)に絞る予定なので、この2012年世代にかける期待は大きいです。目標は全頭の勝ち上がりと、最低1頭のOP馬輩出!

    最高額でも2500万の低価格帯出資ではありますが、キンシャサノキセキ、キングカメハメハ、ダイワメジャー、マンハッタンカフェ、クロフネとバラエティー豊かな父馬のラインナップになりました。中でも新種牡馬キンシャサノキセキ産駒スティンライクビーには特に期待しています。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << January 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM